ED治療薬の知識を身につけよう

ED治療薬といえばバイアグラが最も有名な製品です。
実際、中身が何かはよくわからないが、バイアグラという名前だけは知っている、という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
また、バイアグラ以外のED治療薬の存在を知らない方も多い事でしょう。
ED治療薬の新薬としては、バイアグラの他にシアリスやレビトラといった製品が販売されていますし、医療機関で処方される事もあります。
更に、世界にはこれらのジェネリック版というものも存在しており、安価で入手出来る事から多くの方に利用されています。

例えばシラグラという医薬品も、そうしたジェネリック版ED治療薬の一つです。
この治療薬はインドで製造されています。
インドはジェネリック医薬品の開発が大変盛んに行われている国であり、ED治療薬のジェネリックも多数開発、販売されているのです。
さて、現在EDの悩みを持っていない方は、こうした話題を耳にしても余り関心を示されないかも知れません。
ですが、全ての男性がEDになってしまうリスクを背負っており、女性にとってもパートナーの性機能に関わるものである事から、あらゆる方にEDが大きな問題として突然立ちふさがる可能性があると言えるのです。
EDは決して特定の方が悩む、特殊な病気ではありません。
むしろ、中年以降の男性がEDになってしまうのは、自然な事だとも言えます。
というのは、EDの発症には加齢による勃起機能の低下が大きく関係しているからです。

通常、ペニスが正常に勃起している時、陰茎海綿体の中でcGMPという神経伝達物質の血中濃度が高まっています。
このcGMPは、ペニスの平滑筋を弛緩させて血液を流れ込み易くする働きを持っていて、この物質無しではペニスは勃起しないのです。
ですが、cGMPは年齢と共に生成量が低下してしまいます。

ですので、加齢によってEDになってしまうのは、ある意味仕方の無い事だとも言えるのです。

とは言え、50歳でも60歳でも元気にセックスを楽しみたいという方は多くいらっしゃる事でしょう。
現在はEDに悩んでいなくとも、将来の事を考えてED治療薬の事を知っておく事で、いざという時にその知識を役立てる事が出来ます。
先述のシラグラは、シルデナフィルを主成分としたバイアグラのジェネリック版で、その効果はバイアグラと殆ど同じと考えて間違いない医薬品です。
ただ、その価格は非常に安く、まとめて3箱ほど購入すれば4錠入り一箱分が900円強で購入出来ます。
バイアグラの購入が4錠で6,000円かかると聞けば、その安さを実感する事が出来るでしょう。
ただ、シラグラは日本では認可されていない医薬品なので、購入するには個人輸入代行業者を利用する必要があります。

日本未認可と聞くと不安を覚える方もおられるかも知れません。
ですが、シラグラの製造元はシプラという世界有数の大手製薬会社です。
正規品である限り、その品質は確かなものだと言えます。

ただし、日本でのシラグラの使用は自己責任で行う必要があります。
その事を踏まえた上で、EDに悩む事になった時の治療薬購入の選択肢として覚えておくと良いでしょう。

Comments are closed.